高い?安い?

オリジナルタオルを作ってみようかなという思いの人たちもきっと多くいるはずです。しかし、お金も相当高いからな……と思っている人たちも未だいるのではないでしょうか。そのへんで購入出来るタオルと違って、オリジナルタオルは、オーダーメイドであり、それなり覚悟をしているようです。
 
しかし、オーダーメイドだから、価格が高いと決めつけてしまうこともいかがなものでしょうか。正直に言えば高いオリジナルタオルももちろんあります。でも、  安いものは500円でも購入することが出来ます。オリジナルタオルが、500円程度で作ることが出来るのなら、自分も試しにどんなものだか一度作ってみようというモチベーションにもなるのではないでしょうか。まずは、高いものに挑戦せずに、500円程度のモノからスタートしてみれば良いのです。
 
一枚単位で考えると、良い出来のものは、割高になり、2000円程度かかるケースも多いです。しかし、一枚でなく、大量発注すれば、もっとお得感が出てくるでしょう。今後、そのような用途についても考えてみましょう。
 
今まで、オリジナルタオルという観念は、私達の頭に存在すらしてなかったのです。いろいろなケースで、用途を考えることが出来ます。
 
 

マジョリティーの時代

オリジナルタオルを積極的に作っている人たちは、オリジナルタオルのどのような点に魅力を感じているのでしょうか。ほとんどのケース、オリジナルタオルを一枚作るということではなく、大量発注しているケースが多いようです。それは、ただ個人的に使用するというものではなくて、イベントなどで配ったりするためです。
 
音楽のライブなどで観客が手に取り頭上で振り回す光景は、最近では非常に多く見かけることがあります。つまりオリジナルタオルによって、時間・空間が共有されると言ってもいいのです。それは、プロ野球・サッカーで、同じユニフォームを着て応援するのと同じ発想です。
 
ユニフォームを着ないでも応援はすることが出来ます。しかし、ユニフォームを着ることで、いかにも自分も選手の一人であるかのような共存意識が生まれることになります。たった、ユニフォームで、たったオリジナルタオルで……と不思議な感じもありますが、そのようなアイテムの力で、実際に、アーチスト・スポーツ選手は、本来の力以上の力を発揮してくれることでしょう。
 
現代社会は、個々一人一人が頑張るマイノリティーの時代ではなく、一致団結のマジョリティーの時代です。だからこそ、大量のオリジナルタオルが求められています。