たくさんあって迷ったときに意識しておくと安心なペットフードの選び方

愛犬にはずっと元気でいてほしいと思うのはおそらく犬を飼っている方ならばだれでも思うものですよね。お散歩を欠かさずに行ったりブラッシングを入念に行ったり、いろいろなことをして愛犬に長生きして欲しい思うことでしょう。

そんな愛犬の健康を考える中で度々困ってしまうものにペットフードがあります。ペットフードというのは市場にたくさん出回っているため、どんなものを選んだら良いのかわからなくなってしまうものです。適当に選ぶと体重が増えてしまったりお腹がゆるくなってしまったりして大変です。

そんなときにおすすめなのが、どのようなフードを選ぶのが良いかという基準を知っておくことです。例えば大前提としているのが総合栄養食と書かれているものですよね。恥ずかしながら私は初めわからなかったのですがこの記載がないもの、つまり一般食や副食といったものは他のものをトッピングしなければバランスの取れた食事にはならないのです。なので総合栄養食はもはやマストです。

そして添加物などが少なめなものです。少なめというのは、添加物のなかにはフードの鮮度を保ったりする役割があるものもあるためで、完全無添加だと持ちが悪かったりして管理が大変だったりします。なので着色料などは使用していないけれど保存料程度は使用しているといったものが良いのかなというのが持論です。

ちなみに国内海外はあまり気にしなくて大丈夫なのかなと思います。と、いうのも一見国産のほうが良いような気がしますが、ドッグフードに限っていうならば海外の方が先進的で、基準が厳しいことが多いのです。なので個人的にはどちらかといえば海外の方が良いのかなと感じています。

そして大切なのがグレインフリーかどうかという点です。穀物がメインのフードは安くて良いのですが、肉食である犬のことを考えると決してよいものではありません。少し高くても、それを与えることで病院に行く機会が減るということを考えるのであれば安く感じることができるでしょう。

カナガンドックフード毎日をサポート