ドッグフードは国産が良い?外国産が良い?

ドッグフードは海外の高級のものが良いと思っている人も多いかもしれません。外国産の高級ドッグフードは厳しい基準に合格したものが販売されているからです。特にドッグフードの研究は外国の方が進んでいると認識している人もいるでしょう。愛犬家が多いためにドッグフードも良いものが作られていると思っているのです。

確かに海外の高級ドッグフードは厳しい基準を乗り越えているため、基準以下のものが市場の出回ることはほとんどありません。しかし、海外産のドッグフードは基本的にその国の王ちゃんに向けて作られているのです。海外のわんちゃんと日本のワンちゃんでは生活様式が大きく違う場合があります。

海外ではわんちゃんは広い家で飼われていて、散歩にも行く機会が多いでしょう。愛犬家であれば散歩を欠かさないという人も少なくありません。
一方、日本では室内で飼われているが多いですし、散歩も飼い主さんの都合によってまちまちなケースが多いです。そう考えると、わんちゃんに必要とされる栄養素や配合が違ってくる可能性は高いです。

海外産のドッグフードは高級だからいいものだというのは固定概念かもしれません。高級だから良いものという考え方は間違っていないでしょう。ただ、わんちゃんの健康を維持するのに必要とされる栄養素として、過剰なものである可能性は否定できないのです。

国産のドッグフードであれば国内のワンちゃん向けに作られていることが多く、過剰な栄養素になっている確率は低いです。国内のワンちゃんの生活様式に合わせて配合を作っているので、適度な栄養素が含まれています。

もう一つ外国産と国産の違いとしてあるのが鮮度です。外国産は船で輸送されることが多く、鮮度が高いものはほとんどありません。国産のドッグフードであれば新鮮なものもあるでしょう。国内で製造しているものですから、作ってから販売までの時間が短くてすみます。

ドッグフードに鮮度なんて関係ないと思うかもしれませんが、鮮度によって保存料を必要とするかどうかが違ってきます。保存料を必要としないためには鮮度が保てる環境が必要なるのです。
ドッグフードを選ぶときには安心犬活の口コミをチェックしてからにしましょう